おおつか歯科クリニック/松山市/歯医者/矯正/インプラント/小児歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • インプラント

タグ : インプラント

左下奥2本のさし歯がポロリと落ちてしまった

私は本当の健康体とは云えない。いつもどこか補修しながらいたわりながら日々を過ごしてきた。若い時から気になる歯並びの悪さの上に、歯ぐきまで弱く、そんな時、左下奥2本のさし歯がポロリと落ちてしまった。それから歯医者さん通いが始まった。しかしインプラント治療の話になると迷ってしまた。

一番は高齢、歯ぐきが弱いこのことでにの足をふんていた。こんな状態で、大丈夫なのだろうかと思っていた矢先におおつか先生を紹介された。

納得のゆく説明とお話の中で誠実なお人柄にふれ決心することが出来た。状態を見ながら時間をかけてゆっくりとしかも丁寧に治療をすすめていただいた。手術中私は痛みも知らない、気が付いた時には終わっていた。あれほど不安だったことが一歩一歩好転いく歯の状態で随分気分も若やいだ。

よく噛んでおいしい食事をする。入れた歯はすっかり私の歯となっている。うれしくて楽しい。歯がもたらしてくれた幸せを今かみしている。
先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました。今後共よろしくお願い致します。

患者さんの声1

インプラント治療について

インプラントとは?

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根を手術的(手術は抜歯程度です)に埋め込んで、人工歯根が顎の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。

インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨)と定期的な検診を継続することで長期予後が期待できます。

インプラント治療の流れと構造

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様の感覚で噛むことができ噛む力、味覚が低下しないことです。
また周囲の健康な歯を傷つけず、審美性(外見上)も良好です。

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、歯を抜く場合と同様の手術が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できないこともあります。

インプラントは誰でも治療することが可能ですか?

2011年05月17日

ほとんどの方が可能ですが、年齢、全身状態、あごの骨の状態によってはインプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。
きちんとした診断を受けて、詳しい説明を受けられることが大切です。
また、あごの骨が少なくて先だって骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。

インプラントは治療にどのくらい期間がかかりますか?

011年05月17日

本数、上顎か下顎か、術前に必要な虫歯や歯周病の治療の必要性によって異なります。
手術から上に歯が入るまで2ヶ月を一つの目安としてください。
骨をに増やす必要があるかたは期間はそれ以上かかる場合もあります。

インプラントは何年くらいもつの?それとも定期的にメンテナンスが必要なの?

2011年05月17日

10年間を一つの目安として下さい。
その後は15年、20年と、そして出来れば一生インプラントの寿命をのばせることができればいいと思います。

インプラント自体は長期間安定した状態を保つのですが、周囲の骨や歯肉に炎症をおこすことがあります。
また、上の歯も人工物ですから、こわれて、補修や作り替えが必要なことがあります。
そうならない様に、毎日のホームケアと歯科医院での定期的なケアは欠かせません。

インプラント治療を決断して良かった

私は歯も歯ぐきも良いとは言えず目と歯はもう元々はは戻ることは出来ないと私は思っています。はみがきをもっと頑張らなくてはと思いつつ怠け者になっています。

インプラント治療を決断して良かったと思っています。

今自分の歯として毎日当たり前のように使っています。

患者さんの声5

インプラント治療を受けて…

インプラント治療を受けて、まず、いちばんの感想…“全く違和感なく、インプラントであることを忘れてしまっている”です。

奥歯二本を抜き、義歯かインプラントかの選択に、ためらわず、義歯と選択し、一か月ほど使用しました。しかし、異物感にどうしても耐えられず、インプラント治療をお願いしました。手術の前の検査、手術、手術後の検診と、全く不安なく、安心して受けることができました。何より先生はじめ、スタッフの皆様、又、設備の整った清潔な診察室に、受診する度に癒されております。

歯=食=健康 人間にとって、一番大切なことだと思います。今回義歯も体験してはじめて、インプラントの良さ、又、自分の歯の大切さを感じました。これからも、大塚先生には、歯のホームドクターとして、末永くお世話になりたいと思っております。

本当にありがとうございました。

患者さんの声4

(愛媛県松山市 40代女性)

二十年前に治した歯が悪くなり…

二十年前に治した歯が悪くなり悩んでいたところ、夫がインプラントを入れて快適との事。私は不安があったのですが、先生が「歯を抜く事と同じ位ですよ。」と言われ決心しました。

手術前は、少々怖かったのですが、先生の適切なお言葉、やさしさで、リラックスでき、思ったより早く終わり、痛みもなくホッとしました。案ずるより産むがやすしです。その後順調で三ヶ月が過ぎ、待ちに待ったインプラントが入りました。

一週間位は違和感があったのですが、徐々に慣れて、今はインプラントにして良かったと思います。これからはインプラントの良さを多くの人に知ってもらうといいなと思います。

有りがとうございました。

患者さんの声

(愛媛県松山市 50代女性)

年を重ねるにつれて、歯の悩みも…

私は、五十五才です。年を重ねるにつれて、歯の悩みも多くなってきました。長年ブリッジを入れていたのですが、支えている奥歯がだめになりました。入れ歯かインプラントの選択に、受付でいつも見ていたインプラントの紹介ビデオが気になりました。

私もインプラントにしてみたいと興味を持ちました。おおつか先生のていねいな説明に、不安は消え、ワクワクする気持ちでした。手術は短時間で終わり、痛みはありませんでした。

今では違和感はぜんぜんなく、自然と体の一部になり、楽しい食生活を送っています。思いきってインプラントにして、よかったと実感しています。毎日の生活では、メンテナンスにも気をつけるようになり、お口の健康管理の習慣ができてきました。

おおつか先生、スタッフの皆さんに感謝しています。

患者さんの声

(愛媛県伊予郡松前町 50代女性)

インプラント治療の流れ

1)インプラント治療相談

2)検査、診断、治療方針の説明

3)インプラント植立手術

4)経過観察

*インプラントと骨が固着するのを待ちます
上顎:2~3ヶ月、下顎:1~2ヶ月

5)二次手術(2ピースタイプのみ必要)

6)人工歯冠装着

7)経過観察

医院での治療風景

医院での治療風景

症例

当院でインプラントを行った症例

【症例1】ブリッジはイヤなのでインプラントにしたい

部位:右下奥歯
インプラント本数:1本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

右下奥歯

【症例2】入れ歯は入れたくないのでインプラントを入れたい

部位:左下奥歯
インプラント本数:2本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左下奥歯

【症例3】今の入れ歯でも食事はできるがもっとしっかり咬みたい

部位:左下奥歯
インプラント本数:3本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左下奥歯

【症例4】ブリッジにするために自分の健康な歯を削りたくない

部位:左上前歯
インプラント本数:1本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左上前歯

PAGETOP