矯正歯科(歯列矯正)

こども

矯正治療はあごの発育不全、舌や口のまわりの筋肉の働きの障害によって生じる不正咬合(悪い歯並び)を整えていく治療のことです。
咬み合わせや歯並びの状況、成長の段階によって治療のしかたは異なります。

治療過程

治療は第一期治療、第二期治療に分けて行います。
治療費も第一期、第二期ごとに設定しています。

第一期治療:(主に乳歯が残っている人の治療)

大まかには永久歯の生えそろう12歳くらいまでの治療です。
上顎と下顎の大きさのバランスを整えたり、歯の生える隙間を作ったり、前歯の歯並びを整えます。
顔の骨格を整えること、ある程度良好な歯並びにして、第二期治療をやりやすくするのが目的です。
症例によっては、第二期治療が不要になることもあります。

乳歯が残っている人の治療

第二期治療:(永久歯列の人の治療)

マルチブラケット治療で歯並びを整えます。
必要があれば抜歯をすることがあります。

当院で行った症例はこちら⇒