インプラントとは?

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根を手術的(手術は抜歯程度です)に埋め込んで、人工歯根が顎の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。

インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨)と定期的な検診を継続することで長期予後が期待できます。

インプラント治療の流れと構造

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様の感覚で噛むことができ噛む力、味覚が低下しないことです。
また周囲の健康な歯を傷つけず、審美性(外見上)も良好です。

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、歯を抜く場合と同様の手術が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できないこともあります。