おおつか歯科クリニック/松山市/歯医者/矯正/インプラント/小児歯科
投稿

3Mix-MP法

3Mix-MP法

3種類の抗生物質を混合した抗菌剤

3Mix-MP法は3種類の抗生物質(メタロニダゾール、ミノサイクリン、シプロキサン)を混合した抗菌剤です。

従来の虫歯治療を簡単に説明すると虫歯の部分を削り、薬を塗り、削った部分を補強する作業です。進行度合いにもよりますが、虫歯部分が象牙質まで侵入してきている状態で虫歯治療を行うと痛みが出る場合があります。そのために今までは麻酔をかけて治療する必要がありました。

3Mix-MP法は虫歯部分を削らずに残った病原菌を薬で殺菌・無菌化します。したがって、ほとんど痛みの少ない状態で治療を行うことができます。
この3Mix-MP法は小さい虫歯に対して治療を行うことが困難ですが、神経を除去する必要のある大きな虫歯に対して、神経を保存した状態で治療することができます。これが3Mix-MP法の最大の功績です。神経を抜かなくて済むと言うことは、結果的に歯の寿命を延ばすことにつながります。

ただ、完全に神経が細菌によって死んでしまった状態では、3Mix-MP法といえど神経を再生することはできませんので、神経を除去する治療を行うほかありません。

神経を取った歯は、根っを取った木のようなものです。歯はモロくなり長持ちしなくなります。神経を可能な限り残す治療が歯にとってとても大事なことなのです。

3Mix-MP法のメリット

◎ 歯の神経を残した状態での治療が可能。
◎ 歯を削る量が少ないので痛みが少ない。
◎ 象牙質が再生する可能性もあります。
◎ 歯根の病気にも効果的。
◎ 抜歯をすることが少ない。

3Mix-MP法のデメリット

◎ 3Mix-MP法を行っている歯科医院が少ない。
◎ 症例が今のところまだ少ない。

3Mix-MP法による虫歯治療

(1)死んだ象牙質を除去

3Mix-MP法では、虫歯菌に感染してしまった軟化象牙質を意図的に残します。除去する部分は、死んだ柔らかい象牙質だけを除去しますので深く削らないので痛みも少ないです。

死んだ象牙質を除去

(2)3Mix-MPを塗布

削った部分を十分に洗浄・消毒し、3Mix-MP法を行います。まずは、残しておいた虫歯部分の上に3Mix-MPを置きます。
その上から歯科用のセメントを詰め、金属やセラミックで蓋をします。

3Mix-MPの塗布

(3)治療の完了

数ヶ月で3Mix-MPが残っていた細菌を完全に殺菌いたします。そして虫歯菌が消えた軟化象牙質は、再石灰化して硬い象牙質へとなります。
治療の完了

PAGETOP