おおつか歯科クリニック/松山市/歯医者/矯正/インプラント/小児歯科
投稿
  • HOME »
  • インプラント・口腔外科

インプラント・口腔外科

インプラント治療について

インプラントとは?

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根を手術的(手術は抜歯程度です)に埋め込んで、人工歯根が顎の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。

インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨)と定期的な検診を継続することで長期予後が期待できます。

インプラント治療の流れと構造

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様の感覚で噛むことができ噛む力、味覚が低下しないことです。
また周囲の健康な歯を傷つけず、審美性(外見上)も良好です。

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、歯を抜く場合と同様の手術が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できないこともあります。

安心性を追求した特別なインプラント治療

当院のインプラント安全性追求した特別なインプラント治療です。

あご

安全性を追求する理由

顎の骨には多くの神経や血管が通っていて、複雑な構造をしています。インプラント手術時にそれらを傷つけないよう、位置を詳細に把握することが大切です。

安全性を高める3つのPOINT

point1 CT撮影で骨の状態を確認

CT画像を用いると、360°あらゆる角度から骨を調べることができます。リスクを最小限にし、確実な治療を行うためには、CT撮影が必要不可欠です。CT撮影は、 「CT撮影用テンプレート」を噛んだ状態で行います。CT撮影で得た骨の情報と、お口の中を型採りして作った模型の歯の情報を合成するためです。

CT撮影で骨の状態を確認

point2 インプラントのオペ内容をシミュレーション

CT画像をシミュレーションソフトに取り込んで、骨の状態を診断しながら、インプラントのサイズや位置、角度、深さなどを細かく決めていきます。予めシミュレーションすることで、治療の精度を高め、安全性を高めることが可能となります。

インプラントのオペ内容をシミュレーション

point13 シミュレーション内容を忠実に再現するガイド作成

サージカルガイドは、手術時に口の中に装着する医療器具です。シミュレーションした通りの位置にインプラントを埋入するための定規のようなもので、手術の正確さが格段に向上します。同時に、患者さんの身体への負担を大幅に軽減することができます。

ガイド作成

当院は、安全性を追求するために上記のような手間を厭いませんまた、治療前には徹底的に口腔内の検査を行い、安心して長期間にわたって噛み続けられるインプラントを目指しています。

サージカルガイドシステムで安全なインプラント手術

インプラント治療では、CTなどで歯のデータをとって口の中を再現し、シミュレーションを行ったうえで治療を始めます。ドリルが少しでもぶれてしまったり、角度が違ってしまうと、大変なことになってしまいます。
正確な場所に人工歯根を埋め込むために使用するプレートをサージカルガイドといいます。

インプラント治療の流れ

1)インプラント治療相談

2)検査、診断、治療方針の説明

3)インプラント植立手術

4)経過観察

*インプラントと骨が固着するのを待ちます
上顎:2~3ヶ月、下顎:1~2ヶ月

5)二次手術(2ピースタイプのみ必要)

6)人工歯冠装着

7)経過観察

医院での治療風景

医院での治療風景

症例

当院でインプラントを行った症例

【症例1】ブリッジはイヤなのでインプラントにしたい

部位:右下奥歯
インプラント本数:1本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

右下奥歯

【症例2】入れ歯は入れたくないのでインプラントを入れたい

部位:左下奥歯
インプラント本数:2本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左下奥歯

【症例3】今の入れ歯でも食事はできるがもっとしっかり咬みたい

部位:左下奥歯
インプラント本数:3本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左下奥歯

【症例4】ブリッジにするために自分の健康な歯を削りたくない

部位:左上前歯
インプラント本数:1本
手術からインプラントで咬めるまでの期間:2ヶ月

左上前歯

PAGETOP